「宗教上の神様」と「創造主としての神様」

今年もあっというまに残りわずかとなりましたね。
2017年、皆様はどんな1年だったでしょう?

自分が望んだこと、自分に必要なことが次々と起きてきて、、私は今年もなかなか怒涛の1年でした。

最近は年々変化のスピードが速いので、直感で行動することが多く「じっくり考えてる暇」とかないですね。
といいますか、厳密にいうと、行動すればするほど事は進むし、成果は出るので、いちいち立ち止まって考えてる時間がもったいないような気もします^^

さて話は変わりますが、今年最後のブログは今年見てよかった映画のご紹介をしたいと思います。

映画と言ってもDVDで見たのですが、何年か前に大ヒットしたインド映画「きっとうまくいく」と同じ、ラージクマール・ヒラニ監督&俳優のアミール・カーンさん名コンビによる「PK」という作品がわたし的にはかなりのヒットでした^^

★「PK」公式サイト
http://pk-movie.jp/

タイトルが謎?な感じですが、決してサッカーの映画ではありませんよ☆

恋や友情話を織り込みながら、結構鋭い角度で「神様」って「宗教」ってなんでしょう?と現実に起きている問題をたっぷりのユーモアを交えて作られたコメディ^^映画です。

主人公が訳あって「神様」を探していく中で、あらゆる宗教的行為をそれぞれ実践してみるのですが、それぞれ「良し」とすることが違うので、主人公は矛盾を感じてきます。。

わたしは無宗教派ですし、かといって特に宗教に所属される方を否定する気もありませんが、あなたが「神様」と信じるのは「宗教上の神様」と「創造主としての神様」のどちらでしょう^^??

ちょっと長めですが、インド映画独特なご陽気な踊りもあり、笑いも涙もありのかなり楽しい作品です。
年末年始にお時間のある方、お正月はのんびりDVD鑑賞でもしようかな?という方にオススメです☆彡

それでは、今年もありがとうございました。
皆様どうぞ素敵な年末年始をお過ごしくださいませ。

2018年は1月6日からセッションを開始します。
来年もどうぞよろしくお願いいたします☆彡

関連記事

コメントを書く

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*