口に入れるものの質=毎日の生活の質

クライアントの方を視ていていると、
身体の中に元気なエネルギーがない方、
停滞していてエネルギーが満ち溢れていない方が
チラホラいらっしゃします。

「毎日どんな食事をされていますか?」とお伺いしてみると
「スーパーの惣菜とかお弁当など買ってきたもの」とか
「レトルトばかり」とか、まず自炊をされていないことが多いです。

自炊されていらしても、
お手軽な「〇〇の素」を使う料理ばかりとか
電子レンジを愛用されていらっしゃる方や
何日か分をまとめて作り置きという方もいらっしゃいます。

口に入れるものの質で、身体のエネルギーの質が決まります。
身体のエネルギーの質で、毎日の生活の質が決まります。

どこの国で取れた野菜か、農薬使用の有無さえわからないもの、
料理した方が「めんどくさいなぁ」と思いながら作業的に作ったかもしれないもの、
添加物の満載の「〇〇の素」、レンジで栄養が破壊されたもの、
作ってから時間が経ってすっかり酸化しちゃったもの、
ついでにいうと、コンビニ材料でそれぽい味になる時短レシピとか・・・

これでは身体が元気になるわけがありません。

質の低いものをたくさん食べて、とりあえずお腹を満たすことより、
新鮮な取れたてのトマトをそのままを口にしたり、
自分で握ったおにぎりの方がよっぽど身体にいいかもしれません。

自分の目で選んだ食材を使って、丁寧に手造したのものを口にすると
不思議と少しの量でお腹が満足します。

きちんとした質のものを取り入れ始めると、
ご飯を作る暇もやりたいこともできないほど目まぐるしい忙しい毎日から
ゆったり自分のやりたいことができる豊かな毎日になっているかもしれません☆彡

関連記事

コメントを書く

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*