飲食店のエネルギー

先日、とある町で人気というパン屋さんに行ってみました。
わたしにとっては、たまに通りかかるけど、いつもなぜか通り過ぎてしまうお店でした。

いつも通り過ぎちゃうんだけど、どうも人気らしいから
今日こそは行ってみよう!ということになり、行ってみたそのお店。

店内に入ると、たくさんの人でごった返していて、繁盛しているお店のようでした。

見た目もおいしそうで、いくつかのパンを選んで買い、
おうちに帰ってランチタイムに食べてみました。

ところが・・・
サンドウィッチや甘めのパンなど、わたしにしては多めの量だったのですが、
全部食べてもまだまだお腹が満足しません・・・(-.-)

ガッツリパンばかりを選んだはずの旦那もペロリと平らげ、
「まだ相当おなかすいてるんだけど、他になにか食べるものないの?」という始末。。

「こんなに食べたのに、この物足りなさ加減はなんなの~!?」という会話の直後で
「あぁ、そうか。このパン、エネルギーが低いんだね・・・相当」ということに
二人同時に気づきました。

エネルギーの高い食べ物は、少し食べただけで心身ともに大満足しますが、
そうではないファーストフードとかチェーン店とか、食べても食べても満足しませんよね。
↑ 変な膨満感はありますが(-_-;)

で、この日のこの話のオチは、
なるほど!それはいつも通り過ぎるはずだわ。
無意識ながら、自分たちの直感は正しいよね。
結局、どんなにちまたで人気といっても、
自分たちのお気に入りになったお店が間違いないよね、ということになりました。

東京や横浜で暮らしていた時も、山のようにあるお店にあちこち行ってはみるものの、
お気に入りのお店はわずかでしたもんね。

お気に入りのお店は、作り手の方のエネルギーやよい想いが高く、
食べ物もエネルギーが高いし、サービスも気持ちがいいし、満足感がとても高く
心身ともに元気を与えてくれます。

関連記事

コメントを書く

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*