答えは、全て自分の中に

いつも透視セッションをして思うことは、
こうなりたいというビジョンをことこまかにイメージし、そのあとはご自分の直感を信じて、
行動し、流れにそわせるとみんなよい人生を歩んでいけるのになぁ、ということ。

何度も透視のセッションに足を運んでいただくことは、わたしにとって経済的にありがたいことですが、

セッションするたびに
「何をしたらいいですか?」「いつしたらいいですか?」
「どこにいったらいいですか?」という依存型の質問をいただくのは、
あまり良くないなぁと思っています。

自分のイメージしていることの確認、という意味では、大丈夫ですが
自分の今後をゆだねる的な質問を繰り返すことはどうかなぁというお話です。

基本的にわたしは
「魚を与えれば、一日食べていける。 魚の取りかたを教えれば、一生食べていける。」
という老子の精神がいいなぁと思っているので、
セッションの中でも、必要な方にはよくお話しさせていただいていますが、

答えは、全て自分の中にあります。

「何がしたいですか?」 「いつしたいと思いますか?」 「どこにいきたいと感じでいますか?」

ちゃんと皆さん、答えをおもちですよね?

世の中の常識や世間体からは離れ、
まず自分の心の気持ちをくみ取りつつ、どうなっていたいかのイメージを具体化させて
ワクワクすることを優先して行動していけば大丈夫。

ただそれだけのことなんですよねぇ^^

ただ、そこがうまくいかないのは、
今が時期ではない、ということだったり、イメージになにかが足らなかったり、
アレコレと思考することが多すぎたり、エネルギーが停滞していることが原因のこともありますね。

↑エネルギー停滞に関しては、ヒーリングの出番^^な訳です。
(我ながら・・・自然に任せて書いてきたけど、、そういう着地点か 笑)

 

関連記事

コメントを書く

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*