夏の酵素ジュース

先日、奄美の田町まさよさんの
「夏の酵素ジュース作り」のワークショップに参加してきました。
酵素ジュースって最近ますます人気ですよね~!

酵素というと、人が元気に生きていくために必要なもので、
酵素がなくなったら人生終わり、というほど大切な代物。

ちなみに、お酒を飲んだり、お肉やスナック菓子を食べて、
突然カクンッと眠くなるのは、酵素を使いすぎてしまうかららしいですけど・・・。
心当たりはありませんか? 笑
(↑これについては、昔、新谷弘実さんの講演会で聞いたか、「病気にならない生き方」という本に書いてあった記憶あり。)

酵素ジュース自体は、何年か前に知り合いの方がはまっていらして、
キャベツや野草やうめの酵素ジュースを頂いたことはありますが、
自分で作るまでには至らず・・・でしたが、
「ぬぬぬパナパナ」のイベントで知り合った田町まさよさんのサイトの酵素ジュースの写真が
とっても美味しそうだったので、今回思わず参加しちゃいました♪

ざっくり作り方をご紹介しますと・・・
お好みの無農薬の果物(今回はすもも、うめ、パッション!!、びわ、レモンなど)に、
砂糖をまぜて、発酵させること1週間。
漉して、酵素ジュースの出来上がり~♪(説明がざっくり過ぎ?笑)

できたては激しく発酵してて、プチプチピチピチした感じでした^^
できたものを10~20倍に水やソーダで薄めて頂きます。

 

 

ワークショップの内容の一部をちょっとだけご紹介すると・・・

使用する材料は、もちろん無農薬で、その土地のもの、その季節の新鮮なもの。
海外より国内。県外より地元。

混ぜるときは、素手で混ぜる。
身体についている自分の常在菌を取り込みます。
家族のいらっしゃる方は、家族みんなで混ぜるといいそうですよ。

それから、わたしは今回始めて知ったのですが
その季節の酵素は、その季節が終わると飲まないほうがよいそうです。
その季節ごとに入ってるものの効果が違うからだそうで、納得~!
ちなみに残ったものは、来年のまた同じ季節がきたら飲むそうです。

美味しいし、効果を実感できるので、
我が家ではあっという間になくなっちゃいそうです♪

ご興味のある方、ちゃんとしたレシピや内容を知りたい方は、7/11にも、同様の会が
阿佐ヶ谷の「器とcafé ひねもすのたり」さんで開催されるようなので、この機会にぜひどうぞ☆
サバサバしてて、お料理上手で・・・田町さんもステキなのですよ~^^

 

 

関連記事

コメントを書く

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*