「変換」という本

2012年のはじまった、2/4の立春の日、
ヒーラー友達から教えてもらって少し前に頼んでいた
「変換」という本がやってきました。

変換

早速読んでみようと思ってパラパラめくると、
急にものすご~い眠気が・・・。

ちょっとお昼寝して、お気に入りのカフェにいってから読も~!と思って
そのままソファで横になってお昼寝して
目が覚めたら・・・
ちょっとのつもりが6時間後! 
夜でした・・。

その後もこの本を読み終えるまで
ネムネム星人の日々は続き・・・
まさに「寝る子は育つ!」という感じでした。

内容的には、「宇宙」や「愛」とか知ってるようなことなのですが
読んでいる間にチャクラがホカホカしてくるし、呼吸も深くなるし・・・
この本からでてくる波動が、ちょっとスゴイ!
必要なことは何度も何度も書いてあって、
細胞レベルにまでしみこんでいくのがわかります。

本というより、「エネルギー変換機」。
これは今の時代の多くの人に必要な本だなぁ、と思いました。

目の前の現実生活がすべてと思っている方、
それをシンドイと思われている方、
いろんな問題を抱えていらっしゃる方、
今の現実生活のなにかが違うと思われている方に、オススメします。

なにかピンときた方、ご興味のある方は、下記からどうぞ。
ここからしか買えないようです。

変換
http://firthpierlaait.jp/25747/

ちなみに、
遊びに来ていた別のヒーラー友達が
本をパラパラめくって「これ第6チャクラにくるね」と言っていて
よく見たらフォントカラーが第6チャクラの色である紺色だったり。
本が書かれているフォントが「調和」しやすいフォントだったり。
やっぱりそういう仕組みにできているようです^^

関連記事

コメントを書く

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*