それぞれができることを

ついに、地球が怒ってしまいました。

地震発生当時、わたしは大きなビルの中にいましたが
わたしたちも、窓の外の周りの複数の大きなビルも、
大きなゴムのようにグワングワ~ンに揺れるのを見ながら

新しい時代に向けて、
わたしたちが試される時がついに来たんだな、と思いました。

そして無事帰宅して
繰り返し流れてくるリアルな津波映像をTVで見ながら

「自分にできることは一体何だろう?」と思った時、
ハイヤーセルフがこう言いました。

「被災地に不安や心配な気持ちを持っていき過ぎず、
まず自分の日常生活を通常通り行い、その中でできることをしなさい」と。

TVから繰り返される衝撃的な映像に、
心配や恐れを過剰に誘発されることなく
今ここにいる残された人々が、
普通に日常生活を送れることに後ろめたさを持つことなく、
まず自分自身の日常生活を行い、
その上で、それぞれの人が「できることをしていくこと」が
大事なのだと。

「心配や恐れ」は、ますます心配&恐れどおりの現実を
呼び込んでしまいますもんね。

ふむふむ。

で、今のわたしにできること。

エネルギーワーカーとして
日本中、世界中の多くのヒーラー仲間とともに、被災地や日本全体に
光のエネルギーを送っています。

その過程で、
たくさんの光のエネルギーがあちこちから飛んできていたり
被災地を中心に日本全体を大きな光のエネルギーが覆っている様子が
はっきりと視えます。

その光あふれる光景を視ていると
これから先、どんなことが起ころうとも
それは起こるべき事態が、最小・最善の方法で起きてきていて、
最良の結果にストンと解決していくと思わざるを得ません^^

なので、こんな状況下ではありますが、

どうぞ過度な不安や恐れは抱かず、
普通に日常生活を送れることに罪悪感を持たず、
ただただ毎日を心穏かに過ごしていくなかで、
それぞれができることをやっていく。

それがなによりの復興への近道、だと信じます。

最後になりますが
この度の大地震でお亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

関連記事

コメントを書く

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*