地球交響曲(ガイアシンフォニー)第7番

地球交響曲(ガイアシンフォニー)第7番
つ・い・に と・う・と・う、今日見に行きました!

と、この話をする前に、みなさんは
「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」という映画をご存知でしょうか??

                  * * * * * * * * * * 

簡単に説明すると…
地球とともに生きる人達を追った
美しい自然の映像とインダビューで構成されるドキュメンタリー。

昔HNKにお務めだった龍村仁監督が、独立された後に
確か…最初は私費を投じてはじめられた映画です。

第1番が1992年に作られました。

ダライ・ラマ、エンヤなど毎回、世界で活躍される
そうそうたるメンバーの皆さんが出演されています。

公開も大きな映画館ではなく、
有志が公民館などでフィルムを借りて上映するという自主上映会スタイル。

資金も、大企業スポンサーではなく、共感される個人支援に支えられているという
ちょっと珍しくもありつつ、
でもしっかり草の根運動的な広がりをしているという映画なのです。

もっと詳しく知りたい方は
地球交響曲(ガイアシンフォニー)のサイトをご覧くださいね★
http://www.gaiasymphony.com/index.html

                  * * * * * * * * * * 

わたしは10年以上前、大学をでて岡山で働いていた頃に、
その当時の会社の専務から(相当スピリチャルな方でした^^!)
どういう経緯だったかさっぱり忘れましたが、
「いい映画をするから見ておくといいわ!」と言われ
「専務に言われたし、一応行っておくかな~」と思って、

当時のわたしは霊感こそあったものの、スピリチャルそうな話には興味なく、
休日に、しぶしぶ!!!? 大きめの公民館のようなところで、第2番を観たのが映画の出会いで、
当時は「地球や自然のきれいな映像だな。出演者の人はスゴイ人だな^^」くらいの感想でした。

その後、上京してすぐに
第3番を近所の区民センターでやることを知って
「これを見逃すといつ見れるかわからないわっ」と思って見に行ったっきり

ここ10年くらいは、すっかり遠ざかっていましたが…

今年のあたまくらいに、クリアサイトの時のヒーラー友達が、
「地球交響曲(ガイアシンフォニー)が大好きで映画制作に少しだけど出資しているの」
という話をしてくれて、それをきっかけに「おおお!それ知ってる!」と映画のことを思い出ました^^

すっかり遠ざかっていた10年の間に…映画は第7番までできていました 笑

で、話は最初にもどって…
ヒーラー友達に5月の特別試写会を誘ってもらったのが
そもそも第7番を見に行こうとした一番最初でした。

しかし、気持ちは行く気満々だったのに、諸事情で行けず…。

東京では、特別に7月から8末まで
恵比寿の東京都写真美術館ホールで長期間公開しているのですが
7月の公開が始まってからも、行こう行こうと思いながら
いつも用事ができて、行けず…。

今日は昼間におうちでやることあったのですが
朝の支度をしていると、ふと「あ、今日映画行こう!」と直感がきました^^

そしてやらねばならぬことは「夜なべすればいいし…」放置して
気が向くまま足が向くままに、会場の恵比寿にお出かけました。 笑

チケットの整理番号順に入場なのですが
買ったチケットの整理券番号をみると、な~んと「77」!!!!
「おおお、今日はちょっといい感じ♪」とうれしくなりました^^

第7番の出演も、もちろん
地球や自然や風や空気を感じながらともに世界で活躍される3人の皆さん。

4か月にわたる北極海横断の旅を成し遂げられた後、
地元の新潟で農業を始められた高野孝子さん

パリの凱旋門のゴールを目指す自転車レースでチャンピオンになられた
グレッグ・レモンさん

統合医療の世界的第一人者のアンドルーワイルさん

最後エンドロールを見ながら
第2番も第3番も、きれいな映像と話の表面的なことはわかってたけど
今回は深くメッセージがこころに響いたわ~!スバラシイ映画だっ!としみじみ感じました。
これに気付けるのに10年かかったな~と思いました 笑

そしてもう1回、改めて第2番も第3番も見直してみたいなぁ…とも思いました^^

そしてそして「監督のお話を聞いてみたいなぁ。講演会もあるし行ってみようかな」と思っていたら
会場が明るくなったとたんに、目の前に龍村監督が!!

これにはビックリ、というか、絶句しました。
会いたいと思った人が、思ったその直後に目の前にいらっしゃるんですもの。

チケット「77」だったの、なるほど、そういうことか!^^

「今日は来る予定はなかったのですが、
今日8/8は星野道夫さんの命日だったこともあり、参りました。
70歳で第7番ができました…」と御挨拶をされました。
(これまた7つながり…^^)

※写真家の星野道夫さんは、第3番で出演することになっていたのですが
撮影の直前にクマに襲われる事故でお亡くなりになられていています。
そのことが、龍村監督のこの映画を撮り続けるターニングポイントにもなっているそうです

その後、監督と直接お話したさに本を買い、
お話しをし、握手をし、「魂の友へ」と書かれたサインを頂戴しました 笑

大・満・足!
(今日来るようになっていたことがよ~くわかる気がしました^^)

もちろん今はよ~~~く意味が分かるけど、
10年以上前の私には「魂の友へ」の意味が理解できなかったなぁ・・・^^

なんだか今日は興奮して? 笑 
長くなってしまいましたので、このへんでまとめましょう!!^^

すべてはつながっています。

10年以上前の未熟な私に、映画を勧めてくれた専務、
今、この映画と再会させてくれたお友達、
今日監督に出会えたことに心から感謝しています。

そして、地球に生きるすべてのみなさんにこの映画をオススメします^^

東京限定!今なら第1番~第7番まで一気に見れます!!
(それゆえ、わたくしお盆時期には実家に帰りません 笑) http://www.gaiasymphony.com/symphony/road-show.html

映画で心に残った言葉
☆昔の叡智は 未来の科学!
☆自発的治癒力(自然治癒力)
☆心と体と宇宙の統合
☆人生、明日は何があるかわからないものだし、目的までまっすぐじゃなくて、
川の流れのように緩やかに流れに沿ってまがりながら柔軟に流れていくといい
☆師を求めて世界中を学んで歩いたけど、
結局一番最後に自分の住むアリゾナで出会ったんだ

関連記事

コメントを書く

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*